広島市「横田印房」店長タガー(田頭)の「目指せ!ハンコ職人への道」

初めまして、横田印房の店長タガーこと田頭です。  横田印房に勤め始めたのが、2008年。 ハンコ職人の道へ進もうと思ったのが2014年、32歳の時。 友人の「タガーのハンコが欲しい」と言われたのがきっかけ。 日々、ハンコ職人を目指して、奮闘中!!

カテゴリ: 横田印房での出来事

こんにちは、土曜日の夕方、外はものすごく暑い広島。
昨日から、ムシムシとして息をするのがしんどくなる(^^;


これで、梅雨があけて、本格的な夏到来を覚悟しなきゃいけないな~
と思いながら、店内でブログを書いているタガーこと田頭です。 


一昨日の9日にインターンシップ生が挨拶に来店してくれました。

毎年、インターンシップ生を受け入れている横田印房。
今年で5年目になるのかな??

毎回、僕が担当をさせてもらっています。


・・・正直、毎回悩むんですよ。
どういうカリキュラムで3日間の体験をしてもらうのか・・・。


ハンコ屋さんに将来、このインターン生は就職する訳じゃないでしょ?
だから、ハンコを彫る練習をしても意味がない。


意味が無いって言うのは、体験をしてもらうならいいんだろうけど
何時間もかけて、ハンコの彫り方を体験してどれくらいの経験値になるんだろう?
美術の時間に、篆刻を彫るのとあまり変わらないんじゃないか?


将来のために少しでも、体験や経験値を得て欲しい。
色々考えました。


インターンシップって結構単純な事をやらせたり、
単調な作業の繰り返しだったり 、
生徒さんから不満が出ることがあるという話も聞きます。


そこで、数年前から僕が導き出した答えが
「責任ある仕事をしてもらう」 



今年も
先方へ一人で商品を配達
電話の応対
認印の販売 
など、しっかりと責任ある仕事をして頂こうと思っています。

ちゃんと準備をして、出来ると思ったらすぐ実行して経験値を得てもらう。
当店の経験が少しでも、血となり肉となってくれたら本当に嬉しい(^∀^)


インターン生からすると、大変でしんどいかもしれないけれど
絶対社会に出てからの方が大変なわけで
今の内に責任のある仕事をしてもらう!!
事にしたわけです。

なにかあれば、僕がフォローするので、全力でインターンシップを満喫してほしい。
そう思っていますし、3日目の最初に伝えるつもりです。


未来のホープを預かるので、僕自身緊張しています(^^;
それでも、始まるまでにもっと準備をして、最高の3日間にしてもらえる様にしておかねば。

8月4日から3日間がインターンシップの期間なので、
それまでにしっかりと準備を整えて、迎えたいと思います!!
(2015.7.11) 

こんにちは、横田印房店長のタガーこと田頭です。

今日、会社に一通の封書が届きました。
中に入っていたのは九印連で行われた技術競技会の印譜。

kyuin0

印譜って言うのは、印章の印影を押してある本のこと(簡単に言うとね)

社長が九印連に印章を出してみたと言ってました。


九印連って言うのは「九州印章業組合連合会 技術競技会」の略。

ザックリ言ってしまえば、九州の方々の技術を競う大会。
もちろん、出したい人は九州以外でもOK。


社長も、広島の印章技能講習会に2年以上参加されているので、
腕試しと言う事でチャレンジしてみたとの事 オオーw(*゚o゚*)w 


という事は、僕も頑張ればこういう大会に参加できるって事ね!!
よし、目標が出来たぞ!!
(目標が無いと動かない僕なので、タイミングとしてはものすごく良かった)

kyuin4
 
やっぱり、自分の出した結果は気になるよね。
社長、ぱらぱらと印譜をめくってます。


「おっ!?」 
あれ?
社長がなにやら見つけたみたい、ナニナニ??
結果が載っているのかなと、横から印譜をのぞいてみると・・・

kyuin3
 
ヾ(=^▽^=)ノ入選!!

すげー、社長!!

って言おうと思っていたら、

「 あっ!!!」
またまた大きな声を出す社長??

何かな何かな??
ってこれまた横からのぞいてみると・・・

kyuin5
 
金賞!! 

すごい!
金賞って一番良い賞なんだんって!!

改めて、毎日の研鑽の結果・・・
と実感した今日のこの印譜。

最近、自転車と会社をよりよくするためのアイデア出しに集中していて、
印章を彫る練習はほとんどしていなかった・・・。

こういう大会を目標にして、自分自身で切磋琢磨していけば集中力も持続するし、
結果がついてくればなによりうれしい(^^)
社長のチャレンジ精神に僕も感化されました。
こういう大会に僕も挑戦して行きます!! 

kyuin1
 
記念に一枚。
大きくなるとなかなか表彰状をもらう機会が無いから良いなぁ~。
そして、印章店に勤めていると押してある印影の方が気になるんだよな~(職業病w)


社長を見習って、僕も研鑽して、賞を頂ける様頑張ります!!



追伸:
この話にはオチがついていました。
それがこれ。
kyuin2
 
先ほどの丸印だけでなく、角印も出展したんだそうです、社長。
そしたら、サイズを間違えていたようで・・・
審査部からこの様な一筆をもらったそうです(笑)

サイズ間違えてますよっていう一言(^^;

でも、とにかく・・・

金賞受賞、社長、おめでとうございます(^∀^)


横田印房 店長 田頭

こんにちは、年賀状の当選が今年から
三等 お年玉切手シート
二等 ふるさと小包など
一等 お年玉一万円
の三つになったんですよ。知ってました? 


で!

毎年3等しか当たらない当店。
2等が当たりました~~~!!
ドンドンドンパフパフ~♪

nenga2tou1
 
2等が当たると、商品カタログがもらえます。
nenga2tou2
 このハガキに書いて出せば、2等商品が届くんだって!!

いや~、嬉しい。
会社のものなので、僕の所にはこないけれど
当たっただけで嬉しいw


はしゃぎすぎて中身の写真を撮り忘れました、ごめんなさいwww
各地の美味しいものがありました。
ふぐとか蟹とか(^^)

1等のお年玉10,000円はなんかちょっと寂しいような・・・
僕の子どもの頃は、テレビとかマウンテンバイクとかだったようで
憧れてたんだけどなぁ・・・
お金って言うのは、そりゃ~嬉しいけどなんとなくやっぱり淋しいよなぁ(^^;


あと、お年玉当選番号の記載されている3等の当選確率の表記。
「100本に2本」って書いてあるんだけど・・・
「50本に1本」って書いた方が当たる気がするのは気のせい???
(2015.3.4) 

こんばんは、棚卸の時期がやってきた横田印房です。

タガーです。

改めて、棚卸の季節がやってきました!
今日僕と戦うのはこの科目印たち!!
tanaorosi7
結構な数がある科目印・・・

tanaorosi8
 野鳥の会で使われるカチカチカウンター(正式名称わかんないので)
これを使って、この科目印を数えます。
 tanaorosi6
さぁ、今日の相棒カチカチカウンターと記念写真。
数えるの開始~~。


カチカチカチ
カチカチカチカチカチカチ
カチカチカチカチカチカチカチカチカチ

4分の1くらい終わった・・・

ここまで数えた科目印で好きな科目印ベストスリーが出揃いました。
4分の1しか数えてないけど、これに決定w

ベストスリー
一位 給与
二位 賞与
三位 月給

ね?好きでしょう??w

ということで、
気分転換もしたので、またお店にカチカチカチという音が響き渡ります

tanaorosi4
 氏名印の棚は二面あるんですけど、半分終了。
氏名印の数は
tanaorosi5
 796個

手がだるくなってきてますけど、あと半分一気に数えてしまおう!!

カチカチカチカチ
カチカチ価値カチカチ 
カチカチカチカチ徒歩カチカチカチカチカチ

しばらくカチカチ鳴らし続けて、ついに数え終わりました!!

tanaorosi2
tanaorosi3
総数1601個!!

1601回、カチカチしたかと思うと、ちょっと誇らしい。
積み重ねって大事。

tanaorosi1
棚卸で科目印の数を数えましたけど、
在庫を学ぶ機会にもなりました!!

日頃、口から出ないであろう
機械器具
物品買掛金
再評価積立金
償却費
がついつい口からついて出ますw

科目印が必要な場合はぜひお声掛けくださいませ(^^)ノシ
(2015.2.26) 

おはようサンバ!
絵描き歌、覚えてますか?
僕はまったく覚えてない横田印房の店長タガーこと田頭です。 

 don
この絵、NHK教育でやっていた「ワンツー・どん」のどん君。
絵描き歌でお店に来てくれた友達が書いてくれたんです。

どうです?

どん君に似てますか?
僕は、友達にも言いましたが
記憶にサッパリないので似てるとも似てないとも言えない・・・w

わからないので、グーグル検索
どん君出てきました。
 1250086529448

上に書いてもらったどん君となんとなく違う・・・

僕と同じような面長な顔が原因?
僕を意識してしまって、顔が面長になってしまったんでしょうw 

絵描き歌が描けるって良いなぁと思いながら、
楽しく描く姿を見てました。
(2015.2.25)


追伸 
もう一つ、じゃじゃ丸の絵描き歌も披露してくれて
出来上がったのがコチラ・・・
jaja
なんとなくやんちゃなじゃじゃ丸君・・・
なんでしょう?
なんとなく違和感があるような・・・w
でも、お店にご来店頂いて、楽しくお話が出来たのが幸せでした。
Uさん!
また、ご来店お待ちしておりま~す(^^)ノシ 

↑このページのトップヘ