広島市「横田印房」店長タガー(田頭)の「目指せ!ハンコ職人への道」

初めまして、横田印房の店長タガーこと田頭です。  横田印房に勤め始めたのが、2008年。 ハンコ職人の道へ進もうと思ったのが2014年、32歳の時。 友人の「タガーのハンコが欲しい」と言われたのがきっかけ。 日々、ハンコ職人を目指して、奮闘中!!

カテゴリ: その他

おはようございます、ウェイクの宣伝がお気に入りの
店長タガーこと田頭です。

 
ウェイクのCM、電動のこぎりのが好きです
3編流れます。


このCM見て以来、欲しくて欲しくてたまりませんw


というわけで、ビッグランさんに相談へ行ってきました。
森井さんが丁寧に対応してくださいました。

あざっす、先輩。


当たり前ながら、

bigrun2
 カタログももらっちゃいました!!

このカタログ見てると、ワクワク止まらない(´∀`*)
 

ウェイクが欲しい理由は、ロードバイクをばらさずに収納出来る事。
遠征するにしても、ばらさなくていいのはものすごく楽!


もう、僕の心をとらえて離しませんw


今年も、関ヶ原・長野の乗鞍・富士山に沖縄(沖縄に車は無理ですけどw)と
自転車遠征をしたいと思っているので、こいつは心強いパートナーになるはず!!

鋭意、熟考中です。



あ、帰る時に表に展示してある三菱のパジェロを見ました。
bigrun1

人気があるので、時間が経っても価値が下がらず、下取りも良いらしい。

・・・パジェロはパリダカをテレビで見て、憧れた車。
ちょっと心が動いてしまった僕なのでした。


森井先輩からは、「両方買う?」といたずらっぽく言われましたww

先輩、考えときま~~~す(^^)ノシ(笑) 

こんばんは、スノボ初体験の横田印房タガーこと田頭です。

sunobo

転びまくった後の僕の姿ですw
どことなく初々しい(疲れ果ててる?w)姿でしょ(^^;

そもそものきっかけは、
先輩にお願いして、スノーボードを教えてもらってきました。
場所は、芸北国際スキー場。


板やウェアはもちろんレンタル。


まずは靴の履き方。
要点は、とにかくきつく結ぶ事。
靴がスポッと脱げない様にするため。


そして、靴をはいたら、次はボードに左足を乗せて、固定。

まず、この片足で歩くって言うのが難しくて、

スッテ~~~ン

ちょっと進んでは転び、

コッテ~~~~ン

転んではまた転ぶw


恐る恐る歩けるようになったら、さっそく斜面へ 。


・斜面を背にして、ボードをつけること!
・なるべく近い位置で板を装着すると立つのが楽!

など、アドバイスをもらいながらなんとか斜面に立ちあがります。
おぉ、タガー、斜面に立つ!!(ガンダムネタ分からない人すみません)


先輩からの指導方法は、

・厳しい
・スパルタ
・ハード 

という選択肢をもらってましたけど、
(`・ω・´)全部厳しいじゃんwww


少しだけすべれるかなぁ?ってレベルになったので
(ドラクエで言うと、レベル1からレベル2みたいな感じ)


早速、リフトで高い場所へ。
・・・ちょっとペース早すぎない???

頂上に到着。余裕ないので写真とか撮ってないw

ゆっくりと斜めに反対側の斜面に向かって行き、

反対の斜面へ到着すると、
反対の斜面を目指して進むという繰り返し。


今回の一番の恐怖はボードでのターン。
 
曲がろうとしても、曲がらず転けたり
曲がろうとしたら、勢いよく転倒したり(´・_・`)

スピードがつきすぎて、転倒
胸打って息できなくなったり(;´Д`)

遅いお昼ご飯を食べてから、リフトに乗りながら考えました。


せっかく来たのに曲がれないのは悔しいよなぁ

この怖さに勝てなきゃ曲がれない・・・

でも、僕はボードで曲がりたい!
気持ちよく滑り降りたい!!
 
となると、やることは一つ。

 
チャレンジあるのみ!!


という固い決意の元、転んでは起き、
起きては転んでの繰り返し。

何度も転んで起き上がるので手がプルプルしてきた(;´Д`)
 
派手にこけて、頭も何回も打った(^◇^;)
 
 
でも、諦めないって大事(☆゚∀゚)


すべてをボードにゆだね、重心移動だけに集中したら、
少しずつ曲がれるようになりました!!

雪の上を滑るという感覚を怖いという気持ちから、慣れてきたのも大きいのかも!?
 
 
雪を切る(?)ジャリジャリと言う音も聞こえるようになったんですよ!!!

ほら、オリンピックのダウンヒルとかで聞こえるあの雪と板のこすれる音??

スピードは全然違うけど、
テレビで見たような風景が展開されたので、
ドキドキワクワクしながら、滑りました。

もちろん、途中で何度もハデに転けながら(笑)

それでも下まで曲がりながら降りれるようになって今回の練習は終了(^∀^)


sunobo3

最後、駐車場から見るハードコースのゲレンデ。

次はあそこをシャ~~~って滑れるように頑張ろう。
そう思って、芸北国際スキー場を後にしました。
ウインタースポーツ、20年ぶりぐらいですけど面白かったっす!!


追伸:
すべてをボードにゆだねるとうまくいく。
ハンコを彫る時にも、文字にすべてをゆだねるとうまくいくのかも!
そう感じました。
こういう着想は無かったので、早速実践してみます!


追伸2:
芸北国際スキー場に行く途中、
除雪車が仕事をしているところを見てテンションUP!
sunobo2
 
働く自動車は良いですねぇ(*´ェ`*) 

↑このページのトップヘ